お酒飲んだ翌日に心臓がドキドキしてたら危険信号!今すぐ断酒すべき人の条件

      2019/02/15

最近、気になっていることがあります。

 
それは、お酒を飲むと心臓がドキドキして、もしかして心臓に負担がかかって死ぬんじゃないかという事です。
 
お酒を飲んでいる時は平気なんですが、翌日、目が覚めた時に心臓がドキドキしまくって動機が凄いんです。
 
しかも、たまにではなく、割と毎回心臓がバクバクします。
 
かなり気になるので、お酒を飲んだ次の日に、一体何が起きているのかを勉強しました。
 
今回、二日酔いのメカニズムなども学んだので全部シェアしようと思います。
 
この記事を読めば、飲んだ翌日になぜ心臓がドキドキするのかが分かると思います。 
 

スポンサーリンク

スポンサードリンク

お酒と心臓バクバクの原因や理由を調べてみた

二日酔いのメカニズムが分かれば、一体なにがどうなってるのかが理解できると思います。

分かりやすく解説していきますが、最初にざっくり流れを言ってしまった方が分かりやすいですね。

  1. お酒飲みすぎる
  2. 二日酔いになる
  3. 低血糖症と脱水症状になり、アセトアルデヒドも体内に残る
  4. 不整脈や動悸が起こる
  5. だから飲んだ翌日に心臓がドキドキする

ざっくりいうとこんな感じですが、3が主要な原因になります。

 原因その1「低血糖症」

お酒を飲み過ぎて二日酔いになると低血糖症という状態になります。
 
読んで字のごとく血糖値が極端に下がってしまっている状態です。
 
低血糖症になると↓
  • 集中力がなくなる
  • 空腹
  • 頭痛
  • 動悸
  • 発汗
  • 震え
などの症状が起きてしまい、動悸も症状の一つに入っています。
 
まず、これが心臓がドキドキする原因の一つ目です。 
 
糖質(ブドウ糖)の摂取量を普段から意識している人はあまり多くないかもしれませんが、人間が活動する上でのエネルギーの源になる栄養素なので、糖質(ブドウ糖)は超重要なのです。
 
この糖質(ブドウ糖)が極端に不足することによって、上記のような症状が引き起こされるというわけですね。

 原因その2「脱水症状」

アルコールには利尿作用があるのですぐにトイレに行きたくなります。

その結果、お酒を飲んだ以上に水分が排出されるので脱水症状になる可能性が高まるというわけですね。

脱水症状になると↓

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 微熱
  • 集中力低下
  • 食欲不振
  • 動悸

脱水症状でも動悸になることがあるそうなのです。

これで二つ目ですね。

 原因その3「アセトアルデヒド」

二日酔いで心臓が激動する原因の3つ目はアセトアルデヒドです。

お酒を飲み、体内に入ったアルコールは血液を通じて肝臓に運ばれます。

そして、肝臓がアルコールを下記の順番で分解していきます。

  1. アルコール
  2. アセトアルデヒド←コイツが犯人
  3. 酢酸
  4. 水+二酸化炭素
  5. 尿として排出される

アセトアルデヒドは有害物質です(毒っぽい色にしてみた↑)

アセトアルデヒドはアルコールを分解する過程で必ず出現してしまいます。

お酒を大量に飲みすぎると肝臓での分解の処理が追いつかなくなります。

すると、体内にアセトアルデヒドが残ってしまい、下記の症状が発生します。

  • 吐き気
  • 頭痛
  • 動悸

アセトアルデヒドの症状にも動悸があります。

飲んだ翌日の心臓ドキドキ状態の正体

というわけで、飲んだ翌日に心臓がドキドキするのは↓
  • 低血糖症
  • 脱水症状
  • アセトアルデヒド

この3つの要素が原因だという事がわかりました。

3つも要因があるんだから飲んだ翌日に心臓がバクバクするわけですね。

そして、動悸や不整脈に繋がっていくというわけです。 

動悸と不整脈は違う?

動悸は普段感じない自分の心臓のドキドキを自覚することで、

不整脈というのは、脈が速くなったり遅くなったりして、息切れなどが起きる現象の事のようです。

さらに不整脈は胸が痛くなったり、頭痛やめまいや失神することもあるそうです。 

不整脈になるとどうなる?

ストレスを抱えていたり不安がある時、また体調があまり良くない時などに不整脈になりやすいようですが、突然死の引き金になってしまう場合もあるようです。
 
突然死というのは読んで字のごとく、元気そうな人がいきなり死んでしまう事です。

お酒飲み過ぎで心臓病になるリスクは?

 お酒を飲んだ次の日に、心臓がバクバクするので心臓に負担がかかって心臓に良くない。
 
「もしかして心臓病とかになるんじゃないの?」
 
と思ったのですが、調べてみると心臓病のリスクはそうでもないみたいです。
 
むしろ、全くお酒を飲まない人よりも、お酒を飲む人の方が心臓病のリスクは低いようです。

アルコールが心臓の筋肉を傷つけて心筋症に

ただし、お酒を飲み過ぎると心臓に負担がかかるのは間違いないようで、心筋症という病気になってしまう可能性があります。
 
まず、心臓というのは筋肉でできていて、この心臓の筋肉がポンプのように膨らんだり縮んだりして血液を全身に送っています。
 
しかし、お酒を飲み過ぎる事によって心臓に負担がかかり、心筋の収縮がしずらくなってポンプの役割が弱くなり、全身に血液が行き届きにくくなる為に、動機や息切れなどが起こるみたいです。

心筋症の予防法

 どうすれば心筋症を防げば良いのかというと、「断酒」するしかないみたいですね。
 
一度ダメージを受けた心臓の細胞は元には戻らないのですが、お酒をやめればこれから先、心臓に負担がかかる事がなくなるので、心筋症のリスクは軽減できるという事です。

心筋症をナメてると死ぬ!?

 あまりにも症状がひどい場合、心臓移植などをして心臓を取り換えないと、寿命を延ばすことは難しくなるみたいなので心筋症をナメていると死んでしまうこともあります。
 
ちなみに芸能人でいうと、よくロンハーに出演している遠野なぎこさんもお酒が大好き。
 
なんでも、一日中お酒を飲んでいて医師にアルコール性心筋症を宣告されたようです。
 

まとめ

  • お酒を飲み過ぎてしまった翌日に目を覚ました時の心臓バクバク状態は不整脈
  • 不整脈になると心筋症などになって突然死の可能性もある
  • お酒を飲み過ぎると心臓のポンプ機能が働かなくなる
  • 全身に血液が行き届かなくなる
  • アルコール性心筋症になったら、最悪心臓移植とかもしなければならなくなる
  • お酒の飲み過ぎは危険で、飲んだ翌日に脈や心臓の鼓動がバクバクしていたり、動悸などを感じたら危険信号なのでお酒を控えましょうということ
僕のおじいちゃんはお酒が大好きだったらしく、お酒を飲みまくっていたらしいのです。
 
そして、お酒の飲み過ぎで若くして亡くなってしまったそうです。
 
父親はあまりお酒を飲まないのですが、おじいちゃんからの隔世遺伝の影響からなのか僕もお酒を飲み過ぎてしまう事がよくあるので、くれぐれもお酒の飲み過ぎには気を付けていきたいところです。
 
【二日酔い防止におすすめのサプリ発見】
 
最近、二日酔いに効くサプリとか無いかな~と思っていたところ、レバーザイムという二日酔い予防のサプリを見つけたので試しに飲んでみたのですが、けっこう効きます(*'▽')
 
お酒を飲む前に一回2粒を飲むだけです。
 
IMG_20160214_030940
IMG_20160214_031131
 
IMG_20160214_031202
 
この二日酔い防止サプリを選んだ理由は、ランキングで1位だったからという軽い理由です笑
 
1d9476bfc3a296d2d4d3f91dc292eac2
 初回はモニター価格で54%OFFということだったので試してみたのですが、思っていたより二日酔いのダメージは軽減されました
 
もし興味がある方はどうぞ⇒「レバーザイム」980円モニター募集中
 

※僕が買った時は980円でしたが、現在1480円になったようです。

 

プロフィール

【SUSUMUプロフィール】

世界一周するというコンセプトの客船で働いたが、旅が好きなのでノマドワーカーに転身。ゆくゆくは、世界中を旅して暮らすことを目標にしています!

■LINE@を始めました!

画像の説明文

旅先からのライブ配信などのお知らせや、ドキドキワクワクすることを配信しています!

個人が配信する特別なLINE@です。

是非、お気軽に友だち登録してみてください♪

友だち追加数

【おすすめの記事】

IMG_20170213_210152 1
ノマド一人旅沖縄編0日目「約10年ぶりに沖縄に来ました!」

2016年は1年間、誰にも会わず、家に引きこもってどうすれば好きなことをして生き ...

IMG_20170408_104918 2
ノマド一人旅関西編0日目「沖縄から京都へ」

2ヵ月弱の沖縄旅を終え、沖縄から関西へ移動します! 拠点を関西にする理由は、京都 ...

 - 未分類