朝4時に2枚のインスタ写真を投稿しフォロワー&いいねを3時間で100人増やした話

   

ひょんなことから、朝4時に2枚のある写真をインスタに投稿したら、いいね&フォロワーが3時間で100人ほど増えた、そんな話です。

インスタ攻略で僕が立てた仮説、フォローしたくなる人の心理、そして、弱小インスタグラマーの僕が実行したことを包み隠さず全て話します。

僕がインスタに投稿した2枚の写真というのは、この2枚の写真です。


 

僕は、もともとインスタグラムをほとんど使っておらず「インスタが人気になっている理由がよくわからない」と思っていました。

なぜなら、インスタにはFacebookやツイッターのように、シェアやリツイートの拡散機能が無いので、どうやってフォロワーが増えるのかよく分からなかったからです。

だから、僕のインスタアカウントは40枚の写真投稿をしただけで、その後は1年以上放置していました。

しかし、知人がインスタを始めたのをキッカケに、インスタについて色々調べ、僕も久しぶりに投稿してみることにしたのです。

そうしたら、みるみるうちに「いいね」がつきまくり、フォロワーも一気に増えることになったのです。

ちなみに、僕のその時の投稿数は40で、フォロワーは126人しかいませんでした。

フォロワーを増やす為にやった弱者のインスタ攻略

※ここから重要です。

ここからは、実際に僕がインスタでフォロワーを増やすためにやった戦略的な話です。

まず、多くの人が考えるのはオシャレな写真や綺麗な写真を投稿すれば、フォロワーが増えるということです。

ですが、僕はオシャレな写真や綺麗な写真を投稿しても、フォロワーが増える直接的な要因にはならないと思いました。

なぜなら、オシャレな写真や綺麗な写真を投稿している人は、そこら中にたくさんいるからです。

それよりも、本質的に重要なことは「多くの人の目に触れて、いいねを押してもらって、フォローしたいと思ってもらう」ということが、インスタでフォロワーを増やすために重要なことだと思いました。

戦略① とにかく多くの人の目に触れさせろ

まず僕は、自分の投稿した写真が、とにかく多くの人の目に多く触れるようにしました。

これが、インスタの最初の攻略ポイントで、本質的に最も重要な点だと思います。

なぜ多くの人の目に多く触れることが一番重要なのかというと、多くの人の目に触れれば触れるほど「いいね」をしてもらえる確率が上がり、その結果、フォローしてもらえる確率も上がるからです。

逆に、多くの人の目に触れないということは、写真がこの世に存在してないのとほぼ同じことなので、例え綺麗な写真を投稿したとしても、見られないまま終わるということになります。

なので僕は、まずは多くの人の目に触れるということが一番重要だと考えました。

ビジネスの世界でも「AIDMAの法則」というものがあるように、まずは「認知」されなければ話になりません。

綺麗な写真を投稿することも重要ですが、それ以前に自分の写真を多くの人に「認知」してもらうことが重要だと思うのです。

多くの人の目に写真を触れさせるためにはどうすればいいかというと、ハッシュタグと、「いいね」を押しまくってもらうことの2つが特に重要になってきます。

ハッシュタグで多くの人に目に触れさせろ

「ハッシュタグ」これは、インスタグラムにおいて一番重要だと言っても過言ではないかもしれません。

リツイートやシェアという拡散装置がないので、フォロワーが少ない弱小インスタグラマーが他の人に自分の写真を見てもらう為には、ハッシュタグは絶対に欠かせないと思います。

どんなハッシュタグをつければいいのかというと、投稿した写真に関係するハッシュタグと、「フォローして欲しい」という意思を伝えるハッシュタグをつけるようにします。

そうすることで、新規投稿のコーナーに写真が掲載され、同じ興味を持つ人たちに写真を見てもらうことができます。

そして、「フォローして欲しい」ということを伝えるハッシュタグをつけておくことで、「ああ、この人はフォローして欲しいんだな」と思ってもらえるようになります。

現実世界と同じで、フォローして欲しいなら「フォローしてほしい」という意思を伝えないと、相手は動いてくれないですね。

「いいね」で多くの人に見てもらえ

次に「いいね」の話ですが、「いいね」も超重要です。

なぜなら「いいね」を押してもらうことによって、人気投稿に掲載される可能性が高まるからです。

人気投稿は、新規投稿と違って流れて行かず、一定期間掲載されます。

なので、人気投稿に掲載されたほうが、より多くの人に見てもらうことができるのです。

さらに、フォローしている人が「いいね」しました、という通知が並ぶ欄があり、そこでも自分の写真の存在を、他の人に知ってもらうことができるのです。

だから写真に「いいね」を押してもらうことは、とてつもなく重要です。

戦略② 「いいね」を押しまくってもらえ

「いいね」を押してもらえる写真はどんな写真なのかというと、キラキラしている、いわゆるインスタ映えする写真です。

もう少し具体的に言うと、インスタ映えする写真というのは、色が鮮やかだったり、派手でカラフルな感じです。

それは、人気インスタグラマーなどを見ていればだんだん分かってきます。

逆に、いいねがつかない写真というのは、彩りが地味だったり、ぼやけていたりする写真です。

戦略③ 「フォローしてみようかな~」と思ってもらえ

フォローしてもらうには、なんとなく「フォローしてみようかな~」と思ってもらう必要があります。

そのためには、サムネイル、名前、自己紹介、どんな写真が並べられている部屋なのか、を工夫していく必要があると思います。

サムネイル

サムネイルは超重要だと思うので、こだわったほうがいいです。

なぜかというと、ユーザーは一つの写真を見て「いいね」と思ったら、次にサムネイルを見るからです。

そして、サムネイルを見て気になれば、プロフィールページに来てくれて、プロフィールや自分のフィードを見てくれます。

どういう風にサムネイルを工夫すると良いかと言うと、他と違っていて、目立つようにするのが良いです。

いくつもサムネイルが並ぶ中で、他と違ったり、一際目立つサムネイルのほうが、目にとまって気になるからです。

名前

名前も同じく重要で、他と違う感じの、気になる感じの名前をつけておいた方がいいです。

他のインスタユーザーの名前の欄を見ると、多くの人が英語で名前をつけていますが、ビジュアル的に全部同じに見えます。

そんな中、一つだけ他と違う感じの名前があると、目につき、気になるので、プロフィールページに来てくれる可能性が高まります。

1904d391bf040967b41916fab72b5061

自己紹介

自己紹介は、何が好きとか、何をしているかとか、パーソナルなことを書くのがいいのではないかと思います。

どんな写真が並べられている部屋なのか

最後に、自分の投稿した写真が並ぶアルバムを見られます。

この時点で、その人がどんなテイスト写真を投稿しているのかを感覚的に判断され、フォローするかしないかが決定されるのだと思います。

戦略編

写真のテクニック的な話ではなく、フォロワーをつける本質的な話です。

毎日投稿

インスタグラムに限らず、ブログやユーチューブやツイッターなど、すべてのSNSにおいて、毎日投稿するということはフォロワーを増やすうえで重要だと考えます。

その人の生活の一部になるという感覚でしょうか。

コミュニケーション

あと、SNSの本質ともいえるコミュニケーション。

そもそもSNSは人と人とのコミュニケーションツールなので、コメントを書き込んでくれる人がいたら、必ず返信することが重要だと思います。

一時的に減った

2枚の写真を投稿したのは、朝の4時くらいでしたが、3時間後くらいにフォロワーが減るという現象が起きました。

これはどういうことかというと、相互フォロー目的でフォローしてくれた人が解除したのだなと思います。

ハッシュタグで「フォローミー」とか「フォロー歓迎」みたいなタグをつけて写真を投稿したので、おそらく自動ツールか何かを使っているアカウントからのフォローが外れたものだと思います。

僕は、特にフォローバックしなかったので。

「なぜフォローしたくなるのか」人の心理を考えた

そもそも、インスタユーザーは、「赤の他人のアカウントをなぜフォローしたくなるのか」その心理について少し考えました。

僕は心理学が少し詳しく、人の心理を研究するのも好きです。

インスタについても、「ユーザーはなぜフォローするのか」ということを考えてみました。

すると、フォロワーを増やすヒントがいくつか見えてきましたのです。

「参考にしたい」という心理

インスタ映えする写真をバンバン投稿している人の写真は、見ていて参考になります。

そして、インスタユーザーなら、誰しもインスタ映えする写真を撮りたいと思うものです。

というのも、インスタ映えする写真を投稿したほうが「いいね」がたくさん貰えるからです。

なので、「インスタ映えする写真を投稿する人を写真を参考にしたい」という心理から、フォローするという理由が見えてきました。

自分のフィードをオシャレにしたい心理

オシャレな写真を投稿する人をフォローすることで、自分のフィードに流れてくる写真はオシャレな写真ばかりになります。

地味で汚くてダサい写真よりも、カラフルで綺麗で鮮やかでオシャレな写真が流れてきた方が、気分が良くなるものなので、オシャレな写真を投稿する人をフォローしたくなるという心理が働くのだと思います。

憧れの人の情報を全部受け取りたいという心理

憧れの人の情報を、全部吸収したいという欲求で、そのアカウントをフォローする人もいると思います。

しかし、これは有名人でないと無理ですね。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

まとめ

まとめますと、人の目に多く触れ、いいねと思ってもらい、フォローしたいと思ってもらう、ということが本質的に重要なことですね。

それから、人と違うことをする、希少性を高めるということも大切だと思います。

オシャレな写真、綺麗な写真が腐るほどある、インスタグラムというSNSにおいて、別軸の希少価値を生み出していかないと、フォローする理由にはならないのだと思います。

インスタはなかなか奥が深いですね。。。

プロフィール

【SUSUMUプロフィール】

世界一周するというコンセプトの客船で働いたが、旅が好きなのでノマドワーカーに転身。ゆくゆくは、世界中を旅して暮らすことを目標にしています!

■LINE@を始めました!

画像の説明文

旅先からのライブ配信などのお知らせや、ドキドキワクワクすることを配信しています!

個人が配信する特別なLINE@です。

是非、お気軽に友だち登録してみてください♪

友だち追加数

【おすすめの記事】

IMG_20170213_210152 1
ノマド一人旅沖縄編0日目「約10年ぶりに沖縄に来ました!」

2016年は1年間、誰にも会わず、家に引きこもってどうすれば好きなことをして生き ...

IMG_20170408_104918 2
ノマド一人旅関西編0日目「沖縄から京都へ」

2ヵ月弱の沖縄旅を終え、沖縄から関西へ移動します! 拠点を関西にする理由は、京都 ...

 - 未分類